Carcoting

カーコーティングをした車のお手入れ方法

駐車場

いざコーティングをしてピカピカになっても大阪の施工した業者やディーラーは、普通に洗って大丈夫です、くらいしかアドバイスをくれない場合があります。
洗車方法自体は普通に洗っても特に問題はありません。洗車機はあまり好ましくありませんが、1度や2度いれたくらいではコーティングは落ちません。力を入れなくても水で流せばある程度の汚れは落ちていくので、洗う前に必ずホースや高圧洗浄機で水をかけて落とせる汚れは落としましょう。道具も水と普通のカーシャンプーがあれば十分です。コーティングなのでワックスなどは必要ありません。
洗う頻度も、汚れてしまったと感じたら洗車をすると良いでしょう。月に1~2度は出来れば洗車をするとコーティングは長持ちします。
そして意外と知られていないのが洗車をする天候と時間帯です。太陽がさんさんと降り注ぐと気持ちがいい洗車日和だと感じる人は多いかもしれませんが、実際にはコーティング被膜やボディーには過酷な状況なのです。理由はシャンプーした後しばらくそのままにしておくと、太陽熱でシャンプーが熱されてコーティング被膜が非常に傷みやすくなります。水で流してもふき取りをせずそのまま自然乾燥をさせるのも良くありません。水にもミネラルやカルキといった成分が含まれていて、それが熱で張り付くと水垢になり取れなくなります。なので曇り、もしくは早朝や夜が一番洗車に適した環境なのです。

Copyright © 2016 大阪で愛車のコーティングをする際に業者選びで失敗しないためには All Rights Reserved.