Carcoting

ガラスコーティングの依頼先選びのコツ

車のイラスト

大阪で愛車のガラスコーティングをする際に業者選びで失敗しないようにするためには、次の3つの点を押さえた選び方をすることがおすすめです。
1つ目はクリーンな作業環境かどうかです。ガラスコーティング施工で大切なのは、作業の際に異物が混入しないようにすることです。限りなく透明な仕上がりにするためにはホコリや塵が舞い上がらないように防塵カーテンで、車一台をきちんと隔離した清潔な作業環境が整っているところを選ぶようにしましょう。
2つ目は専用の器具や設備が整っているかどうかです。ほこりを出さずに車体を乾燥させることができる赤外線乾燥器具や、車の状態に適したポリッシャ―等の器具が揃っていれば、安心して作業を任せることが出来るでしょう。できれば事前に工場内の見学を依頼してみるのも良いかもしれません。
3つ目は経験豊富なスタッフが在籍しているかです。ガラスコーティングの仕上がりを左右する技術の一つに「下地処理」があります。これは施工する車がどのような状態であっても下地を適切な状態に復元させる技術です。この技術力に自信のあるスタッフが揃った業者かどうかを大阪の口コミや実績などから調べてみるようにしましょう。
これら3つのポイントを押さえて大阪で依頼先を選ぶようにすれば、満足の行く仕上がりを期待することができるでしょう。

ポリマーコーティングの利点と欠点

カーコーティングのポリマー加工とは、高分子の有機化合物でフッ素やシリコンなどを含んだポリマーを車体に塗布することによって、ボディの表面に被膜を作るコーティングの方法です。そのメリットとデメリットとしては次のような点が挙げられます。
まずメリットとしては、大阪の専門店でのポリマー施工は割安な施工値段のコースが多いので、費用を安く抑えることが出来る点です。仕上がりに関しても、ツヤが出るためボディの傷が目立たなくなります。また、コーティングの膜が柔らかなので、剥離や再施工が容易にでき、小さなキズであれば上から再コーティングをすれば消すことが可能になります。また、大阪で市販のコーティング剤を購入して利用すれば、大阪の専門店に頼まなくても自分で施工することもできます。
一方デメリットとしては、コーティングが柔らかいため、傷つくのを予防する効果は期待できません。また、研磨剤の入ったシャンプー剤を利用して洗車を行うと、簡単に剥がれてしまいます。そのため、平均1~3ヶ月程度の周期で施工を行わなければいけなくなります。更に仕上がり時はとてもきれいになりますが、油脂分を多く含んでいるので劣化が早く、こまめに劣化した油脂分を除去しないとしつこい油膜になってしまうと言った点もあります。

カーコーティングを施工してくれる店とは

大阪でカーコーティングをしたいと思っても、どこでするのが良いでしょうか。大阪ではディーラーでもカーコーティングはありますし、専門店や車用品店、果てはガソリンスタンドまでカーコーティングの宣伝をしています。
まずコーティングをする車が新車か中古車でも値段に倍以上差があることを知っておきましょう。ピカピカの新車にコーティングをするよりボロボロの中古車を綺麗にするほうが非常に手間もかかりますしお金もかかります。場合によっては塗装しなおさないとダメな場合も有るので、その場合もっと高額になりますし、業者によっては新車しか施工しないところもあるくらいです。
値段で考えるとコストパフォーマンスが大阪で一番高いのはディーラーです。何故かと言うとディーラーのコーティングは質自体はそこまで高くありませんが、国産車のディーラーは点検のたびにコーティングを施工しなおしてくれます。なので綺麗な状態を維持しやすくなり、小さな傷は磨けば取れてしまいます。質を求めると高級外車などを扱う専門店が一番良いです。ただ高額な上にコーティングのかけなおしも有料ですが値段に見合った綺麗さを提供してくれます。他のコーティングよりも水はじきや輝きの精度が全然違います。安さを求めるとガソリンスタンドや量販店ですが、質はそれほど高くありません。予算と相談して選ぶのが良いでしょう。


愛車を外傷から守るにはコーティング大阪にカーコーティングをお願いするといいでしょう。やはりお気に入りの車に傷がつくのは嫌なものですから少しお金をかけてでも大阪でコーティングをしておくのは必要かと思います。綺麗な状態を維持できれば乗り心地も快適になるので、かなりおすすめですね。

Copyright © 2016 大阪で愛車のコーティングをする際に業者選びで失敗しないためには All Rights Reserved.